株式会社トータルヘルスラボ

腸活でPMSの症状が緩和?腸活と妊活の関係

管理
WRITER
 
お腹を抑えている妊活中の女性
この記事を書いている人 - WRITER -
管理
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

東洋医学で自然妊娠へ導く 妊活コンサルタント 高橋敏郎です(^^♪

腸内環境を整えることは、美容と健康、そして、妊活にとってすごく大切です♬

というのも、腸内では食べ物の消化吸収が行われているだけでなく、いくつかのビタミン類が作られています。

実は、女性ホルモンのバランスを整えるビタミンB6も腸内で作られているんです!(^^)!

バインダーを片手に笑顔の男性医師のイラスト

ビタミンB6はPMS(月経前症候群)の症状を和らげるビタミン

ビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持を助けるだけでなく、女性ホルモンの「エストロゲン」の代謝に関わっています。

つまり、ビタミンB6は、ホルモンバランスの崩れが原因のひとつであるPMSの症状を和らげる働きがあります。

頭痛 月経前症候群 pms


PMSでは、イライラ、憂鬱、肩こり、腰痛、頭痛、だるさなどの様々な不快な症状が起こりますが、これって夫婦関係にも影響しますよね(^^;)

男性は、女性のバイオリズムが理解できないことが多く…

「なんでそんなにイライラしているの?」となりがち…(^^;)

一方、女性は…

「なんでわかってくれないの?」

旦那さんの行動にイライラし、あらばかりが見えてしまうという方も多くいらっしゃいます。

そして、夫婦喧嘩に発展なんてことも…(^^;)

慌てる男性医師のイラスト画像

妊活に腸内フローラのバランスを整える「腸活」のススメ

話はかわりますが、腸内フローラ(腸内細菌の状態)は、精神にも影響しています。

  • 怒りっぽい人の腸内フローラ
  • 穏やかな人の腸内フローラ

何千種類とも何万種類とも言われる腸内細菌ですが、それぞれ特徴的なバランスがあるそうです。

腸内フローラのバランスが良くなる…

→消化吸収が良くなる

→ビタミンB6などの必要なビタミン類が十分に作られる

→ホルモンバランスが良くなる

→PMSなどの不定愁訴が改善される

→精神が安定する

→心身が健康になる

→夫婦関係が良くなる

→自然妊娠につながる。

「風が吹くと桶屋が儲かる」ではないですが、やっぱり、腸内環境を整えること(腸活)が、妊活を支える一番根っこの部分になります(^^♪

ベビーヘアケア


「妊活は腸活!」

「きっとあなたも子宝に恵まれます!」

☆無料オンラインセミナー「心が軽くなる自然妊娠のための妊活(基礎編)」(120分)へのお申し込みはこちら↓

https://forms.gle/3Sngx8UqxWghakpN8

☆ご質問・ご相談は公式LINEアカウント「オンライン妊活サロン」から↓

https://lin.ee/8nWE0oo

☆公式オンラインショップ

https://fastinglabo.official.ec/

☆Instagram

https://www.instagram.com/toshiro3944/?hl=ja

☆facebookページ

https://www.facebook.com/orientalmedicinelab

この記事を書いている人 - WRITER -
管理
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東洋医学美容食育研究所 , 2020 All Rights Reserved.