株式会社トータルヘルスラボ

「妊活は腸活」発酵食品のススメ。乳酸菌が腸内環境を整える。全ての源は腸。

WRITER
 
ヨーグルトを食べる女性
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」「人も交尾排卵で妊娠する」 ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

東洋医学で自然妊娠へ導く 妊活コンサルタント 高橋敏郎です(^^)/

「腹が立つ」「腹の虫が収まらない」「腹が据わる」「腹を決める」「腹を探る」など、「腹」にまつわる慣用句ってたくさんありますよね!?

この場合の「腹」とは、下腹部一帯に収まっている内臓を指していますが、その中でもとりわけ「腸」を指しているものと思われます。

この「腹が〇〇」という慣用句を見て、何か共通項を感じませんか?

そうです!いずれも、マインドの状態と関わっています。

「腹が立つ」「腸(はらわた)が煮えくり返る」「腹の虫が収まらない」=怒っている状態。

「腹を括る」「腹を決める」「腹を据える」=落ち着いている状態、決心した状態。

「腹を探る」=相手の本心を読み取ろうとすること。

それだけ腸とマインドは相関関係があるということです。

男性医師のイラスト画像

実際、受験や大事な発表会などで緊張してトイレが近くなったり、不安なことがあって下痢や便秘を経験したことは、誰しもあるはずです。

腸とは、それだけ感情などのマインドをダイレクトに反映する臓器なんです。

妊活は腸活!腸は、食とマインドで元気にする。腸が元気なること=妊娠体質

腸の状態が良いことは、心の状態も良いということになります。逆も真なりで、心の状態が乱れると、腸の状態も乱れることになります。

顔を埋める女性

ということは、食べるもので腸を元気にし、マインドで腸を元気にすることが心身を元気にするための秘訣です。

腸が整って元気になれば、自立神経は安定して働きます。

なぜなら、自立神経の大元は、腸です。腸が元気になれば、自律神経は自然な揺らぎの中で働きます。

そして、自律神経は、妊娠・出産などの本能・無意識と関係しているので、おのずと妊娠へとつながる環境が整うわけです。

では、腸の状態を良くするにはどうしたら良いでしょうか?

妊活は継続力。毎日少量でも良いので決まったものをベースにいただくことが基本。大豆・フルーツは外したらNG。

妊活には、「あれが良い」「これが良い」と良い物と聞けば飛びつくというスタンスはお勧めできません。

それよりも、少量でも良いので毎日決まったものをいただくことをベースにすることが大事です。

●フルーツ=「先フル」と言って、食事の最初にフルーツを食べるのがオススメ。フルーツは、女性ホルモンの働きをします。

フルーツを食べようとする女性

●大豆食品=納豆が最強です。納豆が嫌いなら、豆腐や枝豆でもOK!

納豆を食べようとする女性

大豆は、スーパーフード中のスーパーフードです。

世間では、スーパーフードと言えば、チアシード、クコの実、アサイー、キヌアなど言われますが、大豆は他のどの食材よりも上に位置するスーパーフードと言えます。

というのも、日本でも世界でも長寿地域に共通した食材が大豆だからです!

●野菜=野菜は、全般的に良いですが、特にニンジン、カボチャはぜひ取り入れましょう。

ニンジンは、野菜スティックにできます。生が嫌いなら茹でるだけでもOK。でも、一番良いのは糠漬けです。

カボチャは、レンジでチンするだけで柔らかくなります。地産地消の観点からはずれますが、メキシコ産のカボチャはリーズナブルに手に入ります。

●芋類=長芋、大和芋などすり下ろして生で食べられるものが特にオススメ。おろし金ですり下ろすだけなので簡単。

長芋類が嫌いなら、サツマイモでもOK。

●海藻=乾燥ワカメなどスーパーで安く買えます。乾燥なら水で戻すだけ。

●ゴマ=スーパーで安く買えます。振りかけるだけ。

●キノコ類=みそ汁にすれば手軽に調理できます。

上記を少量でも良いので毎日いただきましょう♬

写真は、私が毎晩食べているレシピです。写真には写っていませんが、一番下の層にすり下ろした長芋が入っています。

「妊活レシピ」煮たり焼いたりがないから超簡単!

妊活に糠漬けがオススメなワケ。火を通さないから酵素が生きている。発酵食品は最高の妊活食!

ニンジンは、糠漬けにすると、色が鮮やかになり見た目が美しく、さらに美味しさも増します。プラス、腸活に有効な乳酸菌をとることができます。

糠漬けのニンジンは火を通さないので、ニンジンが持つ酵素もそのままいただけます。

ニンジンの中のビタミンである「カロテン」に加え、乳酸菌+酵素のパワーで、腸活にはもってこいです!(^^)!

写真は、私が作ったニンジンとカブの糠漬け。

ニンジンとカブの糠漬け
日本の長寿地域でよく食べれている食材の一つの長芋。長芋に醤油麹を垂らすだけで、超美味!

糠床の作り方は、YouTubeで検索するとわかりやすい動画がいっぱいあります。

今回は妊活に良いものを一つでも取り入れるきっかけにしていただけたら嬉しいです♬

「妊活は腸活!」

「きっとあなたも子宝に恵まれます!」

☆無料オンラインセミナー「心が軽くなる自然妊娠のための妊活(基礎編)」(120分)へのお申し込みはこちら↓

https://forms.gle/3Sngx8UqxWghakpN8

☆ご質問・ご相談は公式LINEアカウント「オンライン妊活サロン」から↓

https://lin.ee/8nWE0oo

☆公式オンラインショップ

https://fastinglabo.official.ec/

☆Instagram

https://www.instagram.com/toshiro3944/?hl=ja

☆facebookページ

https://www.facebook.com/orientalmedicinelab

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」「人も交尾排卵で妊娠する」 ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

Copyright© 東洋医学美容食育研究所 , 2021 All Rights Reserved.