株式会社トータルヘルスラボ

2人目不妊の原因とその対処法

管理
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

東洋医学で自然妊娠へ導く 妊活コンサルタント 高橋敏郞です(^^)/

さて、本ブログ読者さんからのお問い合わせで少なくないのが、2人目不妊のご相談です。

「1人子どもがいるんだから、ぜいたくな悩み」

と傍から見られがちですが、子どもがほしいのにできないという状況は、1人目でも2人目でも同じです。

【2人目がほしい主な理由】

  • 4人家族が理想だから(夫婦、男の子、女の子)
  • 1人っ子ではかわいそうだから
  • 跡取りとして、男の子を求められている

私事ですが、うちの場合は3人目不妊の状況が3年ありました。夫婦生活が一番あった期間にもかかわらず…

今回は、2人目不妊の原因とその対処法をお伝えします。

2人目不妊の原因は?

確定的な原因はわかりません。

なぜなら、「できるときはできる、できないときはできない」というのが子宝というものだからです。

これは、2人目不妊でなく、1人目の子どもができないという場合も同じことが言えます。

確定的な原因はわからなくても、傾向というものがありますので、それについてお伝えします。

帝王切開瘢痕(はんこん)症候群

帝王切開瘢痕(はんこん)症候群という病態の場合は、器質的な不妊の原因になる場合があるようです。

瘢痕化した傷から微量の出血を起こしたり、頸管粘液や血液が子宮腔に流入し、受精卵が着床しにくくなることがあります。

癒着胎盤

癒着胎盤で胎盤が剥離しにくかった場合にも、子宮内膜が薄くなり、着床しにくくなる要因となります。

1人目、2人目の出産が帝王切開だった場合や癒着胎盤だった場合は、器質的な不妊の原因なる可能性がありますが、絶対的な不妊の原因とまでは言えないようです。

器質的不妊、機能的不妊についてのブログはこちら↓

帝王切開瘢痕症候群や癒着胎盤が考えらえない場合、機能的な不妊(機能性不妊)の可能性が高く、自然妊娠のための妊活は1人目不妊でも、2人目不妊でも同じ取り組みが基本です。

指を指して説明する男性医師のイラスト

「高齢」というのは、機能的(相対的)な不妊の原因でしかない。

2人目、3人目の子どもがほしいとなれば、その分1人目のときより年齢は増しています。以前より妊娠力は落ちているとも言えますが、これについては一般論でしかなく、個人差があることです。

一定期間できないからと言って、

「高齢だから…不妊症かも…」

などと考えすぎない方がよいです。

なぜなら、「高齢だから…」という理由は、あくまでも平均値(一般論)での話であって、あなたが高齢だから妊娠しにくいかはわかりません。

実年齢と肉体年齢には個人差があります。

「高齢だから…できにくい…不妊症かも…」

というイメージは、それが潜在意識に落とし込まれたマインドになって、それを実現してしまいます。

「病は氣から」という言葉がありますが、「不妊も氣から」と言うことができます。

妊活中女性(母親)に抱きつく子供(女の子)

2人目不妊の対処法

1人目を授かっているなら、2人目不妊の状態は、機能的な不妊の可能性が高いと言えます。

1人目を自然妊娠で授かったなら、2人目を自然妊娠で授かることができるはずです。※同じカップルという前提

ということは、妊活ですべきことは、1人目不妊の場合と同じです。

  1. 食生活の改善
  2. マインドの改革
  3. 代替医療の活用
  4. 夫婦のコミュニケーション

この4つのアプローチが基本となります。

1~4の中で、自分だけで取り組めるのは、1~3です。

その中でも、真っ先に取り組むべきは、1と2です。

1.食生活の改善と2.マインドの改革に取り組みつつ、その後、3.代替医療の活用をし、並行して4.夫婦のコミュニケーション機会を増やしていくという順番が効果的です。

4.夫婦のコミュニケーションだけは、1人では取り組めないところなので、もどかしさも出てくるところではないでしょうか。

ある意味、夫婦が乗り越えていくべき修行とも言えます(;^_^A

ちなみに、1人目を不妊治療で授かり、2人目を自然妊娠で授かるという方もいらっしゃいます。

妊活で取り組むべきアプローチ↓

資料を片手に支持棒を持って説明する男性医師のイラスト

不妊マインドと妊娠マインド

子どもがほしいのにできない状況が続くと…

「どうしてできないんだろう?ひょっとして、不妊症?」

などと考えてしまいまがちです。

経験談から言えることは…「できないときはできない」この一言に尽きます。だからこそ、子宝に恵まれるかどうかを「コウノトリのご機嫌次第」などと例えられてきたわけです。

できない理由をあれこれ考え、心理的なストレスになることは、結果的に自律神経を乱し、ますます子宝から遠ざかってしまいます。

妊娠マインドで生活することが、子宝に恵まれるための秘訣と言えます。

まとめ

  • 1人目を自然妊娠で授かったなら、2人目不妊は機能的不妊(機能性不妊)である可能性が高い。
  • 帝王切開瘢痕症候群や癒着胎盤を経験していれば、2人目不妊の原因は、器質的不妊の可能性もあり得る。
  • 機能的不妊は、東洋医学で妊活アプローチができる。
  • 妊活で取り組むべきは、1.食生活の改善 2.マインドの改革 3.代替医療の活用 4.夫婦のコミュニケーション
  • 子宝に恵まれない理由は、多くの場合「わからない」というのが答え。不妊の原因を仮説で断定することは、不妊マインドを自ら作ってしまうことになる。
  • 子宝に恵まれるには、妊娠マインドで生活することが大切。

☆無料オンラインセミナー「心が軽くなる自然妊娠のための妊活(基礎編)」(120分)へのお申し込みはこちら↓

https://forms.gle/3Sngx8UqxWghakpN8

☆ご質問・ご相談は公式LINEアカウント「オンライン妊活サロン」から↓

https://lin.ee/8nWE0oo

☆公式オンラインショップ

https://fastinglabo.official.ec/

☆Instagram

https://www.instagram.com/toshiro3944/?hl=ja

☆facebookページ

https://www.facebook.com/orientalmedicinelab

この記事を書いている人 - WRITER -
管理
高橋敏郎(東洋医学美容食育研究所所長) 東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 「タイミング法は意味がない」ことを日本で初めて提唱したセラピスト♪ あなたの妊娠力をアップし、不妊を解消します♪ 不妊のベースにありがちな原因不明・慢性的な痛み、自律神経・更年期症状の改善をサポート♪ 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のアプローチであなたを子宝に導きます♫

Copyright© 東洋医学美容食育研究所 , 2021 All Rights Reserved.