自然妊娠で子宝に恵まれる!

「41歳での妊娠から出産!」 妊活アカデミーからのご報告♬♬♬

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 高橋 敏郎(たかはし としろう) 「タイミング法は意味がない!」「人も交尾排卵で妊娠する!」 ことを日本で初めて提唱したセラピスト。 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のトータルアプローチでアラフォー女性を多数子宝に導く! 「医食同源=食べ物が医療そのもの、健康の基礎となる」 という考え方をもとに、鍼灸治療に食生活指導を導入。 普段の食事(陽の栄養学)とファスティング(陰の栄養学)の両輪で食生活の改善指導をし、PMSなどの自律神経症状、更年期症状を解消させている。 東洋医学美容食育研究所所長  はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、医薬品登録販売者

アラフォー専門 妊活コンサルタント 高橋敏郞です(^^)/

うれしいご報告です♬

令和4年7月吉日

妊活アカデミーからM.Hさんが出産されました。

おめでとうございます♬♬♬(拍手)

※人の妊娠・出産報告を聞いたとき、ご自身にもコウノトリを引き寄せるセレモニーがあります。ご存知の方は、騙されたつもりでやってくださいね♬

M.Hさん妊娠までの経緯はこちら↓

自然妊娠を目指す妊活に取り組むうえで大切なこと3選♪

子宝に恵まれるために大切なことは、細かいことを言えばいくつもあります。でも、まず押さえておいてほしい妊活の軸はこの3つです。

  1. 不妊が機能的不妊(機能性不妊)なのか、器質的不妊なのかの推察・見極めをすること
  2. マインドを妊娠マインドに切り替えること
  3. タイミング法からエンジョイ法に切り替えること(お互いがしたいときにする)

1.不妊の原因が、機能的不妊(機能性不妊)なのか、器質的不妊なのかの見極め・推察をすること

自然妊娠で子宝を望むとき、まずはこのことを見極め・推察することが大切です。

もし、不妊が器質的な原因(体に原因)により起きているのなら、自然妊娠するには、まず体の問題を解決する必要があります。

女性の場合、たとえば「両側性卵管閉塞」。

両側性卵管閉塞は、器質的不妊に当たります。

この場合、自然妊娠を望むなら卵管閉塞を解消する外科的処置が必要です。

仮に外科的処置が困難なら、不妊治療の対象になります。

男性の場合、たとえば、「無精子症」

この原因が、「精巣静脈瘤」なら外科的処置で症状が改善されることもあるようです。

関連記事ブログはこちら↓

  • 機能的不妊…食生活の改善、マインドの改革などで自然妊娠可能性がある。
  • 器質的不妊…自然妊娠は困難または不可→器質的な原因を外科的処置などで解消することで自然妊娠の可能性→器質的な原因が解消されなければ不妊治療の対象

クリニックでは、不妊の原因について、機能的なのか、器質的なのかの視点で語られることはまずありません。

今回、M.Hさんはお医者さんから…

「旦那さんの精子では自然妊娠に向いていない」と言われたそうですが、何を根拠にそう言われたのか定かではありません。

  • 精子の質?
  • 精子の量?

いずれにしても、致命的な不妊になるような話でないことが容易に想像されます。

なぜなら…

今回このようにして自然妊娠されたから!

お医者さんから、こんなことを言われた。あんなことを言われたというこの手のエピソードは、お客さまやセミナー受講者様から本当によく聞かされます。

「向いていない」なんてお医者さんから聞かされたら、大抵の患者さんは落ち込んでしまいます💦

  • 向いていない
  • 妊娠しにくい
  • 不妊、不妊症

お医者さんのこのような言葉を鵜呑みにしてはいけません。

その話、論理的に考える必要があります。

「向いていない」は、「〇〇より向いていない」という比較論に過ぎません。

たとえば、「精子の数が基準値に満たないから、自然妊娠には向いていない。」

→決して、致命的なものではない。

「妊娠しにくい」とは、「〇〇より妊娠しにくい」という比較論に過ぎません。

たとえば、「あなたは、もう40歳だから20歳の女性と比べたら妊娠しにくい。」

→決して、致命的なものではない。

検査の結果、全ての項目で妊娠しやすい指標が出る方などほとんどいません。

また、何かと比べたらキリがないくらいネガティブな要素は見つけられます。

一部の指標を切り取った結果をもとに、「向いていない」「妊娠しにくい」と語るお医者さんには気を付けましょう(-_-;)

「妊娠しにくいですね。不妊治療をやりましょう!」

この流れに、安易に乗らないように…。よくご自身で検証してくださいね。

どのような妊活に取り組むのかの最終的な判断・決定権は、妊活に取り組むあなたにあることを忘れてはいけません。

不妊の原因について、ほとんどの場合、断定的な診断をすることはできません。

つまり、「原因不明」ということが大半です。

それでも、不妊の原因について「見立てを立てる・推察をする」ということがすごく大切です♬

また、不妊の定義は、唯一絶対の定義ではなく、あくまでも一つの目安・指標でしかないことも押さえておくべきことです。

不妊の定義と機能的不妊・器質的不妊についての解説↓

2.マインドを妊娠マインドに切り替えること

あなたが、もし「私は〇〇だから妊娠しにくい」というマインドを持っていたら、それは確実にあなたを不妊に導きます。

当研究所では、これを「マインド不妊」と呼んでいます。

「マインド不妊?」「そんなの本当にあるの?」

と思われた方がほとんどだと思いますが…

本当にあります(*^^*)

お医者さんから言われた一言

「あなたは妊娠しにくいですね!」

この言葉を信じたら最後、あなたは本当に妊娠しにくい体になります。

人の想い、イメージは良くも悪くもパワフルにあなたの体に影響を与えます。

「想像妊娠」があるように、「妊娠しにくい」「妊娠できない」をイメージしたら、あんたの体は本当にそうなります。※このことは、プラシーボ理論で説明できますが、ここでは差し控えます。

「マインド不妊」=「想像不妊」と言い換えることもできます。

私がなぜこういうことを言いきれるのかというと、「病は氣から」を長年研究してきたからです。

「病は氣から」と言いますが、不妊も同じく氣(マインド)が大いに関係しています。

すなわち、「妊娠も氣から」です。

だから、「妊娠できる」「子宝に恵まれる」という想いを持つことは、とても重要なのです!!!

3.タイミング法からエンジョイ法に切り替えること(お互いがしたいときにする)

タイミング法について、結論から言います。

意味がないです!」

意味がないどころか、タイミング法に縛られて、それがストレスになるなら逆効果となります。

※当研究所のお客さまは、みなさんタイミング法を卒業して妊娠されています。

タイミング法が意味のない理由

  • タイミング法と人工授精での妊娠率にさほどの有意差がないこと
  • 妊娠のメカニズムには、交尾排卵というものがあること
  • タイミング法に縛られて、それがストレスになることの方が問題(楽しくないでしょ!?)
指を指して説明する男性医師のイラスト

ちょっと、考えてみていただけますか?

仮に人の妊娠のメカニズムが、排卵が起きたタイミングに精子が女性の体内に入ってきて、卵子と精子がまるで織姫と彦星のように出会って妊娠する(自然排卵)のみならば、タイミング法や人工授精での妊娠確率は、もっと高くてもよくないと思いませんか?

でも、実際は違う。

タイミング法や人工授精で妊娠しないから、年間50万件の体外受精・顕微授精が行われています。

妊娠のメカニズムは、そんな単純なものではないはずです。

精子と卵子が、まるで織姫と彦星のように出会って成り立つだけが全てではなく、そこには別の仕組みがあると考えるのが至極自然です。

この別の仕組みが、交尾排卵なのです。

  • 自然排卵…①まず排卵があって、②そこに精子が入ってきて受精する
  • 交尾排卵…①まず性交があって、②それと同時に排卵が起きて受精する

猫やうさぎは、1回の性交による妊娠率は極めて高く、実に90%以上の確率です。

猫やうさぎは、この交尾排卵で妊娠します。

実はこの交尾排卵は、人にも起きていることがわかっています。

だから、タイミング法は意味がないのです。

交尾排卵というメカニズムは、実に合理的だと思いませんか?

なぜなら、交尾排卵というメカニズムは、夫婦生活があったときがまさに妊娠するタイミングだからです。

排卵日など気にする必要がないのです。

交尾排卵に関する詳しいブログは↓

こういう話をすると、「タイミング法で妊娠した人がいる」という話が聞こえてきそうです。

しかし、その方がタイミング法(自然排卵)が根拠となって妊娠したかどうかはわかりません。

私の住んでいる静岡県は、胃がんの発生率が少なく、その要因がお茶の摂取量が多いからだと一説では言われています。

でも、本当のところはわかりません。日照時間が長いということなど、その他の要素が主な要因の可能性もあります。

それと同じく、タイミング法で妊娠したと思い込んでいるだけで、本当にそれ(自然排卵)で妊娠したのかどうかは全くわからないということです。

当研究所の仮説という前置きをしたうえで、「人の妊娠のメカニズムは、そのほとんど(8~9割程度)が交尾排卵によるもの」と考えています。

1割が自然排卵(タイミング)による妊娠だと推察しております。

なぜなら、人工授精による妊娠の確率がせいぜい1割程度だからです。

※現実的には1割もないと推測されます💦

不妊治療に物申す。不妊治療の重大な問題点はここ!

今回のM.Hさんの自然妊娠でのご懐妊のケースは、不妊治療における重大な問題点をはらんでいます。

M.Hさんは、私の言葉を信じてくださり、自然妊娠まで辿り着きました。

一方で、仮にお医者さんの言葉「この精子は自然妊娠には向いていない」を信じていたら…

全く別の結果になっているのです。

運命の分かれ道を検証してみる!

ドクター「旦那さんの精子は、自然妊娠には向いていませんね」

M.Hさん「そうなんですね。では、どうしたらよいですか?」

ドクター「年齢も年齢だし、不妊治療も考えた方がよいでしょう」

M.Hさん「わかりました。子どもが欲しいので不妊治療をやります」

こんな流れだって考えられなくはないのです。

数十万円、数百万円使い、会社を休み、痛い検査もして、辛い思いもして…

妊娠できなかったかもしれない。

あるいは、妊娠できたかもしれない。

仮に妊娠・出産できたなら、

「先生、ありがとうございます。先生のお陰で子宝に恵まれました!」と言って頭を下げる。

でも、本当は自然妊娠できる体だった。必要のない不妊治療だった。

子宝に恵まれたなら、まだいい方。

子宝に恵まれなかったら、痛い思い、辛い思いをして、お金だけとられて、「はいさようなら」

不妊治療に取り組んでいる期間の時間とお金はどうなるの?

その期間、自然妊娠できるチャンスさえも逃しています。

不妊治療に取り組んでいる方の大半は、痛い思い、辛い思いだけして、「はいさようなら」という末路を辿ります。

でも、文句は言えません。

なぜなら、不妊治療に取り組む前に「誓約書」を書いているからです。

悲しいかな…全ての責任は、誓約書を書いた方にあるのです。

自然妊娠のチャンスを逃すこと「機会損失」について↓

運命の分かれ道で、間違った選択をしてしまっている方が相当数いる。不妊治療に取り組んでいる方の中に自然妊娠できる可能性のある方が相当数紛れ込んでいる!

不妊治療に取り組んでいる方の中には、相当数の機能的不妊の方が紛れ込んでいると推測されます。

簡単に言えば、不妊治療の必要のない人が不妊治療に取り組んでいるケースがあるということ。

本来、不妊治療は、それでしか子宝に恵まれる可能性がない方の選択肢であるべきだと思います。

自然妊娠の可能性をろくに探らずして、不妊治療へ取り組むことは大きな問題です。

お客さまや無料妊活セミナー受講者のお話をうかがうと、20代で、しかも、妊活歴が1年足らずで不妊治療を勧められるケースも普通にあります。

不妊(症)の定義は、目安でしかありません。

にも拘わらず、唯一絶対であるかのような解釈をしている妊活中の方、お医者さんがほとんどです。

妊活についての定説は、当てにならないことがあまりにも多い。妊娠・出産のメカニズムは神様の領域!

私のお伝えしていることは、すごく常識的な話から、「タイミング法は意味がない」など、専門家では私しか言っていないであろう一見非常識な話まであります。

でも、私はこれが真実であるという確信があります。

なぜなら、私の有料セミナーに参加される方が次々に妊娠されているから。

M.Hさんのように、有料セミナーに参加し、妊活オンサロに身を置いて妊娠される方が続出しているから。

そして、私自身が、自らが提唱するこのセオリーで子宝に恵まれてきた張本人です(;^_^A

妊活に関する定説で、新しい説によって覆った話はゴロゴロあります。

※妊活に限らず、医療の世界では古い定説が新しい発見で覆るケースは多々あります。

ただし、この交尾排卵の話は、当分の間、不妊治療の現場では出てこないでしょう。

なぜかわかりますか?

「タイミング法→人工授精→体外受精→顕微授精」という一連の不妊治療のビジネスモデルが崩れてしまうから。

せっかく出来上がっている儲けの仕組みが崩れてしまうような情報は、表に出さないでしょう。

検査値やクロミッドがどうだとか、気になることは重々わかりますが、あまりそういう細かいことに気を取られ過ぎてほしくありません。

不妊治療(体外受精・顕微授精)に関する情報・技術を突き詰めたことろで、それで妊娠・出産できる確率は、せいぜい2割程度です。

お医者さんだって、ご自分が取り組んでいる医療技術であなたが妊娠するかどうかなんてわからないんです。

だって、そうでしょ!?

もしわかるんだったら、不妊治療は成功報酬にすればいいんです。

わからないから、授かっても、授からなくてもお金はもらいますよという誓約書を書かされて不妊治療に取り組むんです。

この単純な理屈をどうかどうかご理解ください。

「十分理解している!」

それなら、私がどうこう言う問題ではありません(;^_^A

いずれにしても、ストレスを積み上げるような妊活は、決してよい結果を生みません。というのも、本能を司る自律神経の中枢である脳幹は、「快」の状態で調和的に働くからです。

つまり、笑顔と感謝で楽しく取り組む妊活が子宝に恵まれるための秘訣です

最後に…不妊治療をやめることを検討中の方、不妊治療をやめた方へ!

不妊治療をやめること・やめたことは、ステップダウンではありません。

不妊治療に取り組むことが、自然妊娠のチャンスを失うこと「機会損失」なら…

不妊治療をやめること・やめたことは、再び、自然妊娠のチャンスを得ること「機会復元」です。

本来あるべき姿、自然な姿に回帰することとも言えます。

あなたには、まだ自然妊娠で子宝に恵まれるチャンスがきっとあります!(機能的不妊の場合)

まとめ

  • アラフォーでも、普通に自然妊娠できる!40代での自然妊娠・出産数は、40代での体外受精・顕微授精の妊娠・出産数の10倍以上
  • 妊活に取り組むなら、機能的不妊なのか器質的不妊なのかを推察・見極めることが大切♪
  • 「病は氣から」「妊娠も氣から」マインドを妊娠マインドへ変えることが大切♪
  • タイミング法は意味がない。エンジョイ法の方が妊娠しやすい。(当研究所実績)
  • 当研究所の無料妊活セミナー→有料セミナーへと進まれた方の妊娠率が半端ないことになっているwow
  • あなたはどんなコミュニティに所属していますか?妊娠確率20%のクリニックですか?それとも、自然妊娠確率80%を目指しているグループですか?あなたが所属しているコミュニティにおける確率が、あなたが妊娠する確率です。※当たり前と言えば、当たりまえのことなんですが…盲点です(;^_^A
  • 結局、笑顔と感謝で楽しく取り組む妊活が子宝に恵まれるための秘訣

☆有料オンラインセミナー&相談会へのお申し込みはこちら↓

☆ご質問・ご相談は公式LINEアカウント「オンライン妊活サロン」から↓

https://lin.ee/8nWE0oo

☆公式オンラインショップ

https://fastinglabo.official.ec/

☆Instagram

https://www.instagram.com/toshiro3944/?hl=ja

☆facebookページ

https://www.facebook.com/orientalmedicinelab

☆妊活オンラインサロン仮入学願書(無料オンライン説明会)

https://forms.gle/gp4n96ySeM2rUE877

この記事を書いている人 - WRITER -
東洋医学で自然妊娠へ導く妊活コンサルタント 高橋 敏郎(たかはし としろう) 「タイミング法は意味がない!」「人も交尾排卵で妊娠する!」 ことを日本で初めて提唱したセラピスト。 「食生活の改善」「マインドの改革」「代替医療」「夫婦のコミュニケーション」のトータルアプローチでアラフォー女性を多数子宝に導く! 「医食同源=食べ物が医療そのもの、健康の基礎となる」 という考え方をもとに、鍼灸治療に食生活指導を導入。 普段の食事(陽の栄養学)とファスティング(陰の栄養学)の両輪で食生活の改善指導をし、PMSなどの自律神経症状、更年期症状を解消させている。 東洋医学美容食育研究所所長  はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、医薬品登録販売者

Copyright© アラフォー妊活専門学校 , 2022 All Rights Reserved.